中古ドメインと日本語ドメイン、あげやすいのはどっち?

メインサイトを作る場合、日本語ドメインと中古ドメインのどちらにするか悩みどころだと思います。

日本語ドメインと中古ドメインのどちらを使うかについては、
場合によって異なりますので、
ここではどのような場合に、中古ドメインを使ったらよいのか、
日本語ドメインを使ったらよいのかについて説明していきたいと思います。

<日本語ドメインを使ったらよい場合とは>

日本語ドメインは、すぐに上げる必要がないキーワードで、
長期的に運営したいサイトに使うとよいでしょう。

また、検索結果の画面で、中古ドメインに比べて何のサイトか一目瞭然のため、
クリック率がよさそうといったことがあります。

また、上位表示したいキーワードが、
「脱毛サロン おすすめ」でしたら、「脱毛サロン.com」というドメインを取るより、「脱毛サロンおすすめ.com」のほうが上位表示されやすいと感じています。

<中古ドメインを使ったらよい場合>

中古ドメインを使ったらよい場合は、
日本語ドメインに比べて、サイトを作ってすぐにリンクを送っても、
順位が下がりにくく、また、上がりやすいという特徴があります。

これはおそらく、日本語ドメインの場合、
できたばかりのサイトに大量のリンクがつくと不自然さから、
順位が下がることがあるのに対して、
中古ドメインはかつてのサイトも運営歴として評価されているから下がりにくいということがあると思います。

ですから、商品名キーワードのようにすぐに上位表示したい場合に中古ドメインは向いているといえるでしょう。

基本的には、キーワードを責めるときには、
日本語ドメインとと中古ドメインの両方を使うようにするとよいでしょう。